レンタルオフィスのサービス案内

長い不況の影響でオフィスで所有しているホールを手放す企業と貸し出す企業の関係性を書きました。

MENU


レンタルオフィスのサービス案内

不景気と関連するオフィスのホールの事情

長く続く不況の影響で、どこの企業でも経費削減、無駄を省くことは必要不可欠なこととなり、努力目標に掲げています。オフィスもコンパクトにする動きが随所に見られ、自社で広いスペースを必要とする会議室やホールをもたない、手放してしまう動きがあります。

オフィスに併設するホールを所有している企業でも有効に活用することができます。実はホールというのはかなり使用用途があると思います。例えば考えられるのが、企業の場合ですと会社説明会、就職説明会、入社式、商談会、販売会、研修会、セミナー、講演会、シンポジウム等です。他にも用途はあるでしょう。これらのように大規模なスペースが必要になるのは企業にとっては必然ですので、オフィスにホールが併設されている企業は需要があると見込まれます。そしてただホールを貸し出すのではなく、さらにオプションやお得なプランを用意、提案することがさらなる顧客を確保したり、収益を上げたりすることにつながるのではないかと思うのです。この不景気でどこの業界も大変苦しい情況だと思います。それでもどこまで生き残り、更に発展していくことを目指すのは企業の使命だと考えます。今の現状でできることはないか、何か企業の収益になることはないかと常に振り返りながらも前を見つづけ、前進していく姿勢が大切です。その点からもホールを活用する、レンタルするということは経済を潤す一つの手段として有効だと私は思います。企業の特性に合った賢いホールの使い方を選択していってほしいと思います。

注目の情報