レンタルオフィスのサービス案内

消費者に直接販売しない会社で、貸しホールを利用してオフィスの在庫を処分します。バーゲンセールです。

MENU


レンタルオフィスのサービス案内

オフィスにおいて貸しホールではバーゲンセールを行う

商品を販売するとき、小売業者に販売をして、消費者に販売しない場合があります。店舗などはあるのに、素人お断りと書かれているようなところがあると思います。このようなお店では、通常は一般の消費者は買うことは出来ません。業者に販売するのですから、卸価格で販売していることになります。かなり安く販売しているのでしょう。消費者からすると、間を抜いて購入できるので得なのですが、なかなかそうはさせてくれないようになっているのです。

そのような会社においても、できるだけ販売をしたいことがあります。決算であったり、中間決算などにおいては、在庫をある程度絞り込みたいことがあります。商品によってはこれからも販売できるものがありますが、デザインなどが古くなれば、これからどんどん売れなくなります。オフィスに残っていくことになるのです。価値が0になる前に販売したいところです。そういった商品は、卸業者も相手にしてくれないことがあります。直接売るしかありません。

そこで、貸しホールを利用して、バーゲンセールを行います。といいますのも、直接販売するお店がないからです。販売員もいませんから、アルバイトを雇ったり、販売の派遣社員を利用したりします。価格自体はかなり安くすることが出来ますから、毎年良く売れています。広告などを出して来てもらうこともありますし、前年に来てくれた顧客にダイレクトメールを送ってきてもらうこともあります。期間限定にして行います。

注目の情報